トキオ
a0046686_0463688.jpg最後の最後の一行でものすごく何かがこみ上げてきて参った。東野さんの本はほとんど持っていて、どれも好きだけど、これはイイ。ヤバい。

「どんな思いであんたのお父さんがおかあさんのことを逃がしたんだと思う?最後の言葉を読んでないのか、今この瞬間でも僕は未来を感じることができるから───この言葉の意味がどうしてわからないんだよ。………好きな人が生きていると確信できれば、死の直前まで夢を見られるってことなんだよ。あんたのお父さんにとっておかあさんは未来だったんだ。人間はどんな時でも未来を感じられるんだよ。どんなに短い人生でも、たとえほんの一瞬であっても、生きているという実感さえあれば未来はあるんだよ。あんたにいっておく。明日だけが未来じゃないんだ。それは心の中にある。それさえあれば人は幸せになれる。それを教えられたから、あんたのおかあさんはあんたを産んだんだ。それをなんだ。あんたはなんだ。文句ばっかりいって、自分で何かを勝ち取ろうともしない。あんたが未来を感じられないのは誰のせいでもない。あんたのせいだ。あんたが馬鹿だからだ」

主人公が言われて動けなくなったセリフ。なんだかこのセリフだけ5回くらい読み返してしまった。
[PR]
by chihosh | 2005-12-20 01:03 | Material


<< ふぉとじぇにっく クリスマス写真 >>