「空」と絞りと露出
a0046686_23553888.jpg

今月の写真教室の課題「空」…どうしよう。空でどう作品にしていくか。今週末がラストチャンスなのに何も思い浮かばない…。たまにはアハ体験してみたいものです。

ちなみに気に入ってしょっちゅう使っているSIGMAの24m/F1.8、未だにコツがつかめず、よく晴れた日に撮ると意図せずハイキーぎみに撮れてしまいます(上の写真)。いつもはデジなので、一番最初に設定を標準セット(ISO100、開放、補正ゼロ)で一枚撮ってみて、プレビューを見ながらその日ごとに絞りと露出を調整するということをやっています。なので、フィルムでいざ撮ろうとしたときに、どうしていいのか何もわからなくなる。一枚試し撮りしてすぐ現像できればいいのに…(無理)。

なもんで、前回の「光」のときもフイルムの半分が真っ白に現像されてしまい、「あんた露出間違ってない?」っていう連絡表が同封されてました(正確には「不適当な露出が認められました」って書いてあった)。…恐い。また白かったらどうしようかと思うと恐い。本当に銀塩はデジタルより難しいなと感じます。いつかコツがつかめる日が来るんだろうか…。



---

ちなみに真っ白に撮れてしまった状態の写真↓
a0046686_23551314.jpg

何も見えない(´Д`)
実はこれが一番最初のショットで、絞ったり露出を下げて最初の写真を撮りました。それでもまだハイキー。フィルムでこれに気づかず36枚撮ったら…と思うと、もーほんと、次はそういうのなくしたい。
[PR]
by chihosh | 2006-09-05 23:59 | Material


<< 着物で赤っ恥@鎌倉 夏の終わりの浴衣オフ >>