感傷掃除
最近、帰ってきたらまず部屋の掃除をするのが日課になっています。
泥のように疲れていても、酔っ払っていても、とにかく掃除。
あとはちょこちょこ料理したり(そういえば毎日してる)、花を飾ってみたり、模様替えしてみたり(狭いが)、
今まで家の中であまりきちんとやってこなかったことを、すごくするようになりました。
夫に言ったら「変わったんだよ」と言われましたが、
私の中では変わったというよりも、今までやらなかったことを
いま、取り戻しているような感覚になってます。
やらなかったというか、見えていなかったというか。

a0046686_2241668.jpgしかし掃除してるとき、見てはいけないものが出てきました。
引越しのときダンボールごと押入れにしまっておいた開かずの箱。
若いころの、痛い思い出の品々…!
学生時代、授業中に交換しまくった手紙とか、プリクラとか、手帳とか。
ぜんぶ捨てたと思ったのにまだあったとは。
この96年の手帳(右の写真)…どうでしょう、これ。
まったく成長してない気がするのは気のせい?

96年(デザイン学校の学生時代)の今頃ってどうしてたのかなと思いめくってみたら、
やることリストが書いてあって、
淡彩画、バイクのデッサン、空想画、ロゴのイメージスケール、文字のイラスト化、
ピクトグラム、銀スプーンのデザイン、イラスト、そりのデザイン。
9個も学校の課題抱えてました。
当時、遊びもせず、彼氏もできず、ただひたすら課題ばっかりこなして
学生生活を送ってたイメージがあるけど、こんだけあったら
そりゃ彼氏できないよ!って思った。(もちろん居る人には居た。)

そして5/12の欄には「母ごめんね」って書いてある。
一体何が…?と思って日付ごとのページを見てみると、
どうやら母の日に何もしなくて母に泣かれたらしく、
すごく反省しているらしき日記が書いてありました。
…。

そうかもうすぐ母の日か…。
去年は何したっけ?ワイン贈ったんだっけ…?
今年も何か贈らなきゃ…。気づいてよかった…!
姉はもうすぐ赤ちゃん誕生。それって最高のプレゼントだなー。
むにゃむにゃ。

みたいな感じで掃除は進まないわけですが。
[PR]
by chihosh | 2007-05-10 18:38 | Material


<< 鎌倉 スーパースター。 >>