軽い質問だとしても
誰かに何か質問をされて、その瞬間には適切に答えられなくて、
あとから納得いく結論を出すまで考え続けてしまうというクセがあります。
例えば「好きな人ってどんなタイプ?」ってきのう聞かれたんですが、
その場ではうまく答えられなくて、その後ずっと考えてました。
まぁ、軽い質問っちゃー質問なんですけど、これって深い話だなと思って。

例えば「素朴な人が好きですねー」って言ったとして、
素朴な人がそこに居たとしても、その人を好きになるとは限らないじゃない。
人による、としかいいようがない。
「じゃあ内面重視なんだ」って言われても、
私はいわゆる「外見」と「内面」を分けて考えることがあまりなくて、
ぜんぶ一つのセットでその人、だと捉えてます。
そもそも性格も、いいとか悪いとか分けて考えることもあまりしないような。
ある人にとってはやさしい人が別の人にとっては優柔不断な人、になっちゃうように、
もともと一個のものがあって、それを周りの人が思い思いに捉えているだけなんだと思う。
だからいい面をのばして悪い面をなくす…みたいなのって、何かピンとこないです。
いいも悪いも全部一つのもので複雑に連動しているから、どっちかをなくす…っていうのって
不可能なんじゃないのかなぁ。
性格ってそんな単純なものじゃない気がする。

その人が生きて行動して、考えて、そうやって存在していることそのものが
ありがたいな、本当にこの人が生きていてくれてよかった、と一番に思う人。
それが私にとっての好きな人。
どういう条件でそう思うのかは正直わからない…。
一瞬でそう思う場合もあるし、じわじわとくる場合もあるし、
自分の調子が悪いと見えなくなることもあるし、
要するにタイミングなのかな。
なんだこの結論。

でも実際は質問されても「素朴な人が好きですねーぐへへ」ってニヤけて終わり。
「こいつバカだなー」って思われることもあるんだろうけど、
いちいち説明できない。
説明したとしても「なにコイツ軽い質問に面倒くさく答えやがって」って
思われるのが関の山だろうなー。
ふもっふ。
[PR]
by chihosh | 2007-07-25 21:59 | Material


<< つくログ 2007年7月17日の週 浴衣プリクラ >>