ブルー・オーシャン
気分を替えるためにまたもやビジネスホテルで仕事をしています。
ハイタスクなプロジェクトが3つも重なってしまって…いやはや。
さすがにキツいけどこれが自分の代表作になりそうな気がするんだ。
代表「作」って言ってもお客様から頼まれてやってるわけだから作品じゃないけどね。
でも佳境なのが重なると、体力よりも頭が…頭がまわらない。
脳のメモリ増設したい。なんとかならんのか。
眠ってる97%よ、稼働しておくれ。

でも不思議なもので、どんなに睡眠不足でもお客様に会って顔を見て話すと
疲れが吹き飛んでしまう。
前は作る現場にずっと居たいと思っていたけど、今は現場と言っても
お客様と話すほうの現場に居たいという感じにシフトしてきた。
要するに前段のほうの現場。

この前、尊敬するIAさんから「ブルー・オーシャン」の話を聞いた。
血みどろの競争が繰り広げられる市場を「レッド・オーシャン(赤い海)」とする一方で、
未開拓の市場を「ブルー・オーシャン(青い海)」と呼ぶそうだ。
私にとってのブルー・オーシャンはどこだろう?
少なくとも、デザインワークの市場がレッド・オーシャンなのは認識してる。
社内だけでも私より絵作りのうまい人はいっぱいいるし。ましてや社外をや。
そこいくとやっぱり、ディレクターとかクリエイティブディレクターとかの方向なんだろうなぁ。
最近Photoshopよりパワポでロジック資料作ってるほうが楽しいし…
作るよりも打ち合わせ行くほうが好きだし…

でもぜんぜん足りてないんだよなー、あらゆるものが。
こんな動きでディレクターとか言って、通用すると思ってんの?
という心の声が聞こえてくる…。

a0046686_4404928.jpg←たぶん徹夜なので横になることはないだろうベッド。
なんかこのビジネスホテル、やたら内装が乙女なんだけど…。謎。
[PR]
by chihosh | 2009-03-02 04:41 | Material


<< 土日 どんぶりドンキー >>