カテゴリ:Book( 11 )
宝島社の雑誌の付録がかわいい件
a0046686_1212175.jpg

InRed 8月号の表紙で永作博美が着てる浴衣がかわいすぎる…。
このコーデョネートすべて一式欲しい…。
淡い水色かつ麻の葉柄の浴衣…そして麻の帯…ヤバすぎ!!
思わず買おうかと思ったけど付録が要らないのでやめておいた。
でも6月号のポーチは超愛用してます。
5つもポケットがついてるのでリップ、目薬、ハンカチ、ティッシュ、化粧道具一式などなどが
一つに収納できてバッグの中がごちゃごちゃしてたのがスッキリした。
ナイス付録。

しかし最近の宝島社の雑誌はすごいね、付録が。

a0046686_1214667.jpg

sweetの8月号、ジェラートピケのポーチとシュシュ付きだよ…!
思わず買っちゃったよ…!
すでに持ってる部屋着とぴったり合う…やばい><

a0046686_1272774.jpg


ジェラートピケの部屋着欲しいけど結構お高いのよね…
なぜ付録にできるのであろうか。
springもジェラートピケのシュシュとぽんぽん付きだし(欲しい)。
steadyなんかレベッカテイラーのトート付きだし。
そりゃ売れるわ。
[PR]
by chihosh | 2009-07-14 01:32 | Book
自分を励ます言葉メモ

できる人の習慣

ジム・ドノヴァン / ディスカヴァー・トゥエンティワン



「人生の中で最も大切なのは楽しむこと。
自分に優しくする。
完璧である必要はない。
心配せず、気楽な気持ちで人生を送る。
情熱を持って生きる。
人生にわくわくする。
自分の世界を十分に体験する。
人生という旅で出会える人たちに親切にする。
とりわけ自分には。」


だいぶ昔に帰省したときに姉からもらった本です。
いわゆる自己啓発本です。
「げげっ…こんなの読まねーよ」と思って放置してたんだけど、
最近読んでみたら、あとがきに書いてあったこの言葉に
「そうか…」としみじみさせられてしまいました。
本章のハウツーとかは当たり前のことが書いてあってあんまりなんだけど。

姉とはほぼ絶縁状態なんだけど、思えば転機になった言葉をくれたのは姉でした。

高校受験のとき、美術に強い女子校に行くか、札幌市立高等専門学校という
創立したてのアートの5年制の学校に行くかで悩んでいたときがあったのです。
女子校のほうはデッサンと面接の試験はクリアしていて、専願にすれば入学できる、
という保証付きでした。しかしどうしても高専が気になる。受けてみたい。
けど受けると女子校のほうの専願が無くなってしまう…
しかも高専は倍率5倍(6倍だっけ?)で、偏差値が高い人限定。
学校の先生にも「あなたの偏差値だととうてい無理だからやめておいたほうがいい」
と言われてました。(先生は現実的だ。)

中学生ながらに必死に悩んでいたとき、
姉が一言「やってみればいいじゃん(※)」と言ったんです。

それで決心がつきました。やってみればいいんだ…
よし、やってみよう!
そして運良く高専に合格し、その5年間で学んだことや経験したことが、
今の自分を作っているといっても過言ではないほど、貴重な経験ができました。

入学していきなりMac(あの頃はMacDrawだった)使ったり、
木を使ったソリのデザインをして木工室でツナギ着ながら組み立ててみんなで雪滑りしたり、
環境デザインの授業で公園をデザインして模型作ってみたり、
建築の授業で図面引いて青焼きしたり、
工芸の授業で指輪やスプーンをデザインしてハンダゴテで作ったり、
情報処理の授業でBasic使って絵を描いてみたり(これだけはほんと苦手で追試だった)、
シルクスクリーンしたり、暗室で紙焼きしたり、環境アートやってみたり、
今思うとほんといろんなことができた最高の環境でした。

思えば上京するときも、正社員じゃなく派遣社員を経験してみたいと思ったときも、
フリーランスでやってみたいと思ったときも、姉の「やってみればいいじゃん」が
根底にあるような気がします。
考えるよりも行動するのみ!
考えすぎる性格なのでね。。

最近ほんと忙しくてtwitterするヒマもGmail見るヒマもはてブのホッテントリ見るヒマもないんだけど、
忙しさに追われて心が無くなったアウトプットを出すことがないよう、
自分に言い聞かせてます。

楽しめ!自分。

追記:(※)「やってみればいいじゃん」は正確には「やってみればいいしょ」です。
[PR]
by chihosh | 2009-07-02 01:15 | Book
自分を励ます言葉メモ

デザイナーへの道を知る 30人の言葉

石田純子 / 美術出版社

スコア:



「誰の中にもジレンマはある。
意地を通しきれない自分が今はもどかしくても
そのまなざしの先にあるものが正しければ
深く悩み、あがく姿はきっと美しい」


少し前、「ジレンマ」というエントリーを書きましたが
この本の第一章のトップバッター「箭内道彦」さんの冒頭の言葉が
いきなり刺さった。本屋で何気なく買った本なのにうおー!って感じ。

箭内さんはデザイン恐怖症で電通でデザインの仕事があまりにもつらかったので、
肩書きをCMプランナーにしたとたん、「デザインはこうあるべき」という
呪縛から解き放たれてデザインに正面から向き合えるようになった、と書いてあった。
デザイン恐怖症は今でもそうなんだって。
あんなインパクトのあるアウトプット出しておいて…信じられない。

「広告することは応援することだと思うんです。オンワード「23区」の
広告がきたときは最初「俺、女の人の服なんてわかんねぇや」と思ったけど、
世の女性にはキラキラしていてほしいと思うから、そこを応援すれば広告になるんだと分かった。
こういう考え方ができるようになったのは、デザイン以外の仕事に手を出したからでしょうね。
それに気付いてから、デザインがよそゆきじゃなくなったんです。
気付くまでにえらい遠回りしましたけど。」

まだ買ったばかりなので箭内さんの章しか読んでませんが、
この本は誰もが最初からエリートデザイナーだったわけではない、と教えてくれる
貴重な本です。

この先読んでまたメモしたい言葉があったらまた書きます。自分用に。
[PR]
by chihosh | 2009-06-30 01:37 | Book
デザイン戦略の本
最近読んで面白かった本。

コンセプトメイキング 変化の時代の発想法

高橋 宣行 / ディスカヴァー・トゥエンティワン



オリジナルシンキング

高橋 宣行 / ディスカヴァー・トゥエンティワン



オリジナル・ワーキング

高橋 宣行 / ディスカヴァー・トゥエンティワン



ヒット商品のデザイン戦略を解剖する

ピエ・ブックス



中でも「コンセプトメイキング」は良書だと思う。
「いまの時代が求めている価値観の中に、どんな関わり方をするのか?」
「意思、ビジョンは?」
「どうありたいか、どうあるべきか?」
「存在することの意味、意義は?」
「何のために存在するのか?」
そんなことを突き詰めていくためのヒントがたくさんです。
仕事中もちょいちょい開いてはヒントをもらっています。

「ヒット商品のデザイン戦略を解剖する」もいい本。
エモーショナルなデザインの裏には緻密なロジックと戦略があるのね的なことが
デザイナと担当者のインタビューベースで書かれているんだけど
デザインする人の熱量がとにかくすごいというか。
SoftBankのあの二本線のロゴが坂本龍馬の海援隊の旗から着想を得ている
というのは聞いたことがあったけど、それを坂本龍馬好きの孫さんに
プレゼンして大絶賛だったというエピソードとかシビれる。
実際それで短期間でブランド認知させて利益も上げてるのがもっとシビれる。

「プロジェクトX」という錯覚 - 池田信夫 blog」で

与えられた目的に疑問を持たず「無我」でまじめに働くことが報われた幸福な時代は、残念ながらもう終わったのである。

と書いてあった部分に激しく同意してしまったんだけど、
最近つくづく、今までのやり方でうまくいっていた時代は終った、
と感じることが多い。同じことをできる人はどこにでもいるし、
もっと安くやってくれるところはどこにでもある。
「自分たちは大丈夫」なんて危機感ゼロで商売してたら
確実に5年後は居ないな。そんな時代。
[PR]
by chihosh | 2008-12-03 13:44 | Book
読みやすいですが
最近会社の人(とても頭の良いPM & IAさん)から借りた本。

世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく
渡辺 健介 / / ダイヤモンド社
ISBN : 4478000492

60分であなたもブランド戦略家
イドリス ムーティ / / 宣伝会議
ISBN : 4883351270

バカって思われてる可能性大…。
でも面白い。
[PR]
by chihosh | 2008-06-23 22:48 | Book
NARUTO
a0046686_17401472.jpg総務のI川さんからNARUTOを大量に借りました。
いまさらながらすっかりハマってます。
超面白いってばよ!

これ、I川さんのお子さま(3姉妹)たちが一時期ハマっていたそうで、
本のくたびれ加減が漫喫ばりなのもいい感じですw
すでに3?巻まで出てるそうですが、amazonのレビュー見てると
どんどん絵もストーリーも上達していくとのことで、
続き読むのが楽しみ。

ちなみにI川さんは名前が「あい」なのですが、
3姉妹は上から「まい」「みい」「ゆう」なのだそうです。
アイ、マイ、ミー、ユー!
なんてすてきなコラボレーション。計画的すぎます。
お礼に私の大好きなブログ「うちの3姉妹」を教えてあげたら夢中になってました。

しゃーんなろー!
[PR]
by chihosh | 2007-05-25 19:05 | Book
働きマンと心の旅
a0046686_0441837.jpg働きマン 3 安野 モヨコ 講談社

痛い…。何が痛いって心が痛い。仕事をしていて必ず遭遇する理不尽なこと、やり場のない気持ち、空回りする使命感、政治的な事情への憤り、そして仕事によって失ってしまったものを思い泣く夜etc。1、2巻もそうだけど3巻も共感しまくりです。
仕事というのは真剣にやる人orデキる人に集中してふりかかってくるものだから、がんばればがんばるほど負荷が高くなる→さらにがんばる→さらに負荷が高くなる→何かが犠牲になる(時間、自分、伴侶etc)→ 一体なんのためにやってんの俺?みたいな心の旅に出る…というようなことが往々にしてあるわけですが。そこをどう乗り切っていくかみたいなところが、このマンガにはすごーくよく描かれていると思います。安野モヨコも相当心の旅に出てるんだろうな。一時期忙しすぎて三ヶ月ぐらい休んでたしね(結婚した時期でもあったからということだけど)。
新二と別れるシーン(ネタバレ)、あれもね…。別れってああいう風におとずれるんだよね…。ちょっとずつズレてってある日何かささいなことがキッカケでね…。そんで最後に言われた図星なセリフがふとした時に思い出されて胸が痛んだりね…。あー、大人は大変だ!!

ちなみにさきほどから始まった働きマンのアニメ、チラ見してみたんだけどダメだありゃ。オフィシャルなのにまるでパロディみたい。似て非なるものになっちゃってました。そのうち深夜アニメにありがちな、週ごとに違うタッチでぜんぜん違う顔、とかありそうだな。
[PR]
by chihosh | 2006-10-13 01:24 | Book
京都と着物の雑誌
秋になってから京都特集の雑誌がちらほら出てますね。ページをめくりながら、あそこの雑貨屋に行きたい、ここのお店でお茶したい、と日に日に思いは募るばかり。できれば着物を着たいけど、今回はガマンだ!着物屋にも行きたいけどガマン…。もんもん。

a0046686_16284297.jpg七緒
いま一番好きかもしれない雑誌が京都特集、やってくれました。どの号も写真がとても良くて、今回の京都の写真もステキすぎて瞳孔開きまくりです。手仕事でやっている職人さんが針に糸を通している写真とか、とても好き。月刊になってほしい!!

a0046686_1629492.jpgフィガロジャポン
表紙のアンティーク着物のかわいさに負けて買ってしまいました。こんな色、柄のものが欲すぃー!内容のほうは…まぁまぁでしたが、京都MAPが付いていたので持ち歩けるかも。

a0046686_22434454.jpgそして今月から「月刊アレコレ」という着物雑誌を定期購読し始めました。バックナンバーも注文していたのが今日届いたー。雑誌というよりはミニ冊子。300円。「きものの基」というコーナーが勉強になります。いっぱい集めて着物データーベースを作るんだ〜。

[PR]
by chihosh | 2006-09-25 16:29 | Book
人生No.1スゴ本<大聖堂>
a0046686_141941.jpg大聖堂(上)(中)(下) ケン・フォレット SB文庫

今年No.1・・・もしかしたら人生No.1かもしれない小説。「わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる」で紹介されているのを見て買ってみたんですが、これを読んで以来、ほかの本をまったく読めなくなってしまいました・・・。あまりに面白すぎて。
途中、何度も何度も胸がしめつけられるような感動的なシーンがあって、思わず涙。感動して泣いた小説って始めてかも。しかもラストじゃなく中盤で。

全世界で1200万部の大ベストセラー、ダ・ヴィンチ・コードの5000万部にはおよびませんが、ダヴィンチコードが面白かった人はきっとこれもハマるはず。本当にオススメ。強引に誰かに貸したい。

なんで映画化しないんだろうなぁ。ロード・オブ・ザ・リングの監督で映画化してほしいなー。
[PR]
by chihosh | 2006-08-04 23:21 | Book
直木賞って何
a0046686_1148797.jpg殺人の門(東野圭吾著/角川文庫/780円)
東野圭吾さんの「殺人の門」がついに文庫化されました。週末久しぶりに徹夜で一気読み。別に殺人は起きないし、大きな事件が起こるわけじゃないんだけど、こういう人生こそが怖い。抜け出せない主人公のダメさ加減にイライラしながら、いつのまにか読み終わってました。

それにしてもなー。


More
[PR]
by chihosh | 2006-06-27 12:00 | Book