<   2009年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧
↑↓
忙しくてblogが更新できないー。書きたいことは山ほどあるのだが。
ちなみにずいぶん間があいてしまいましたが誕生日にメール&電話、
そしてプレゼントをくれたみなさま、本当にありがとうございました。
生きててよかったよ…。

先週の3連休は写真教室のいつものメンバー(略してイツメン)で静岡に一泊してきました。
笑いすぎて死ぬかと思うほど楽しかったんだけど、
テンション上げ過ぎ&ビール呑み過ぎたせいか、今週明けからテンションが急降下。

朝、普通に起きてカーテンあけようとしたら足がフラついてものすごい勢いでコケた。
コケた瞬間テーブルに膝を殴打。うぅ…。
そのまま立ち上がって台所へ行こうとしたらまた目眩がして今度は台所で派手にコケて
また膝を殴打。なにこれ?コントか?
その後、シャワーを浴びるときも立っていられなくてうずくまったままシャンプーした…。
今週はずっとそんな感じ。

ちょうど今週は通院の日だったので先生に素直に酒を呑んだことを打ち明けたら
「イベントごとだから仕方ないけど…お酒は厳禁だからね」
と言われてしまいました。厳禁…?!そこまで重く考えていなかった。。

しかしいま、テンションが「↓」こうなったり「↑」こうなったりするのを「→」こうする
薬を飲んでいるので、確かに先生のおっしゃる通りで、
お酒呑むと確実に「↑」こうなるので、その後必ず、「↓」が来るわけです。
お酒のせいだけじゃないと思うけど、今週は絶不調。
しかしプロジェクトは佳境。
とりあえず人に振れるところは振って死守するところだけはやる…ということで乗り切るしかない。

ちなみに先生に「最低でも12時間、多いときは16時間ぐらい仕事してる」と言ったら
「働きすぎだと思うけどね…」としみじみ言われた。
でもそれが普通というかもっと仕事してる人は居るし
前はぜんぜん乗り切れたんだけどなー。フリーランスのときなんて、
今の1.5倍は仕事してたよ。なんで今、身体にきちゃってるんだろう。
何か原因があるはずなんだけど、その原因がわからない。
なんなんだろうなぁぁぁぁ。
[PR]
by chihosh | 2009-07-28 02:25 | Material
7/17
産まれてから33年経ってしまった…!
むかし思い描いていた大人の自分はもっと大人でバリバリ仕事ができて
自信も余裕もポジションもあって人生を楽しんでる感じだったんだけどなぁ…
どこで人生を踏み誤ったんだろうか。

そして1999年7の月、札幌から東京に進出したので上京して10年記念月でもあります。
あの頃はただ勢いと根拠の無い希望だけで生きていた気がする。
いつものように朝、出勤中に「会社を辞めよう。東京に行こう」といきなり確信して
その日のうちに上司に辞めたい旨を伝え、WDMLに流れていた求人に応募、
2日後に日帰りで上京して面接、その日のうちに内定もらって1週間後に物件を探し、
次の週には東京に引っ越してました。親には事後報告。
当時付き合っていた人とも遠距離になり別れ。
そしてWDMLに求人を流した張本人とその後結婚(&離婚)。

将来どうなりたいかなんてまったく考えずに、ただ目の前にあることに必死で取り組んでました。
まぁ、それは今も変わらずだけど…夢とか無いんですよね。
5年後どうなりたいの?と聞かれても何も答えられない。
今あることに集中して生きている日々で、いつのまにか時が経っていたという感じ。
だからこんな中途半端なままなのかなー。。

最近は、デキる人を見るにつけ、
なんでこの人はこんなに柔軟なんだろう?
なんでこんなにアイデアが出るんだろう?
なんでこんなに軸がブレないんだろう?
なんで人と違う視点で見られるんだろう?
なんでお客様からこんなに信頼されてるんだろう?
なんで少し伝えただけですぐに全体を把握できるんだろう?
なんで修羅場でも慌てないで冷静に対応できるんだろう?
なんで先を見据えた思考ができるんだろう?

という風に、なんで?だらけな毎日です。
なんで自分はできないの?

自分のできることよりもできないことを数える日々です。
うぅ。

ちなみに明日までに提案のコンセプトを考えなきゃいけないんだけど
どーすんの?私。
明日の私がなんとかしてくれることを願うしかない。
よろしく!明日の自分。

そして10年後の自分はもうちょっと余裕のある大人になってて欲しいです。
もっと自分の幸せを追求して、自分を大事にして欲しい。
頼むよ、これからの自分。。



これは今日同僚からサプライズでもらったプレゼント。
うさぎのキャンドルとボディケアのセット…
これまた直球ど真ん中でやばすぎる。超かわいい!><

a0046686_143328.jpg

[PR]
by chihosh | 2009-07-17 01:49 | Daily life
宝島社の雑誌の付録がかわいい件
a0046686_1212175.jpg

InRed 8月号の表紙で永作博美が着てる浴衣がかわいすぎる…。
このコーデョネートすべて一式欲しい…。
淡い水色かつ麻の葉柄の浴衣…そして麻の帯…ヤバすぎ!!
思わず買おうかと思ったけど付録が要らないのでやめておいた。
でも6月号のポーチは超愛用してます。
5つもポケットがついてるのでリップ、目薬、ハンカチ、ティッシュ、化粧道具一式などなどが
一つに収納できてバッグの中がごちゃごちゃしてたのがスッキリした。
ナイス付録。

しかし最近の宝島社の雑誌はすごいね、付録が。

a0046686_1214667.jpg

sweetの8月号、ジェラートピケのポーチとシュシュ付きだよ…!
思わず買っちゃったよ…!
すでに持ってる部屋着とぴったり合う…やばい><

a0046686_1272774.jpg


ジェラートピケの部屋着欲しいけど結構お高いのよね…
なぜ付録にできるのであろうか。
springもジェラートピケのシュシュとぽんぽん付きだし(欲しい)。
steadyなんかレベッカテイラーのトート付きだし。
そりゃ売れるわ。
[PR]
by chihosh | 2009-07-14 01:32 | Book
つくログ 牛乳、養命酒、プラセンタ
自炊続いてます。
しかし帰宅が深夜になるとさすがにツラいのでだんだん手抜きになりがち…。
a0046686_2304123.jpg

真ん中の鱈とえのきのホイル焼きは、ホイルにバターをひいて、
塩こしょうした鱈&えのきを30分オーブンで焼くだけ。
さすがにこの日は疲れてまったく作る気力が無かった。
できるまでの30分、ベッドに倒れ込んで意識失う寸前でチーンってなった。
レンジってありがたい。。

お弁当も毎日作ってます。
a0046686_2344736.jpg

食費は一日だいたい500円〜1000円ぐらいかな?

あと、最近ハマっているのが牛乳!
前は風呂上がりには缶ビールだったけど、
完全に置き換わってます。
風呂上がりに飲む牛乳が最高にウマすぎる!

特においしいのが「タカナシ低温殺菌牛乳」ってやつ。



パッケージの「自然のあまみ、ゴクゴクすっきり」というコピーに惹かれて買ったんだけど、
あまりにおいしくて2日に1本のペースで飲んでいます。
こんなに牛乳を飲んで逆に身体に悪くないんだろうか…?というほどだ!
売れてるのか知らないけど、スーパーの牛乳コーナーで、
このタカナシの牛乳だけ最近在庫切れなんだよね。。
仕方なく明治おいしい牛乳などを買うんだけど、味がまったく違う。
味をレーダーチャートで5角形のグラフにしたとき、何かが決定的に足りない。
ゴクゴク飲めるスッキリ感、自然なあまさ…タカナシ低温殺菌牛乳最強。

あと身体壊してから飲んでるのが養命酒。



酒弱い人は一発でヤラれるんじゃ?ってぐらい、飲むとカーっと喉が熱くなります。
よく見たらアルコール分14度って書いてあるし。
効き目はよくわかんないけど、飲むとよっしゃ!って感じがするのでなんとなく続けてます。

もう一個飲んでるのがエテルノ プラセンタドリンクってやつ。



最初は何かアヤシイ…と思ってたんだけど、これ飲むと次の日の
調子の良さ度がぜんぜん違います。美容のためっていうより体調のためという感じ。
少々お高いので3日に1本にしています。。
あと、味はびっくりするほどマズいです。

「いかに疲れにくい身体にするのか」が今の最大のテーマ。
なにか健康のための秘訣があったら教えてくだされ。
[PR]
by chihosh | 2009-07-11 23:34 | Dish
使いやすさ日記
もともと記録フェチなのですが、最近前にも増して、
気になった広告のコピーや本に書いてあったフレーズ、思い浮かんだことなどをメモしたり、
通りすがりにいいなと思ったものをデジカメで撮ったり、記録グセがさらに加速してます。

宮崎駿が「映画のネタは半径2m以内にいくらでもある」的なことを言っていましたが、
身の回りにあるものをじっくり観察してみると、そこにデザインの意図があることに
気がつくんですよね。

ただそこで終わりにするんじゃなくて、

なんでこの形なんだろう?
なんでこの色なんだろう?
なんで使いやすいんだろう?
なんで使いづらいんだろう?
なんでこの広告はダメだと思うんだろう?
じゃあもっと良くするためにはどうしたらいいんだろう?

というように、深く思考していくクセを付けるようにしています。
今さらだけど、浅く考えがちな自分への訓練です。

で、最近ずっと使っていた近所のスーパーのエコバッグなんですが。
これ、異常に使いづらいんです。手にずっしりと重みがのしかかって持ちづらい。

R0013932

なんでだろう?と考えてみたら、下の図の緑色の部分!
ここ!これが無駄なんですよ!そのせいで赤い部分に集中的にズッシリ重みがくるんだよコノヤロー!
毎日重たい思いさせやがって!
と、思ったわけです。

a0046686_1431597.gif

なので、下のようなエコバッグに買い替えました。
スーパーの袋と同じような形です。

R0013933

これがほんとに持ちやすい。
先ほどの余分な部分が無くなった分、手の部分にかかる負荷が軽減された感じがするのです。

a0046686_1435187.gif

同様に、100均で買ったこの鍋つかみ。
使いづらいんです。

R0013935

なんでだろう?とこれまた考えたところ、手をスポっと中にはめないと
使えないところが不便なんだと気付きました。
例えばパスタを茹でた鍋をつかむとき、別に手にはめなくても、
サっと取手をつかめたほうが便利なので、ぶっちゃけ布巾を折り曲げて
つかんだほうが便利だなーと思ってました。
強引に折り曲げて鍋をつかもうとしたところ、火を止め忘れてて
鍋つかみに火が引火。下のほうが真っ黒コゲになってしまいました。
レンジでチンした皿を取り出すときも、この鍋つかみだとうまく皿をつかめない。

で、下のようなものに買い替えました。
これむっちゃ使いやすいんです。柔らかいパイル地なので二つ折りにして、
鍋の取手もレンジでチンした皿もサっとつかめるんです。
サイズもちょうどよい。

R0013936

使いやすいものって、ちゃんと使う人やシーンを想定してデザインされているんだなぁ…
とつくづく思いました。

ちなみにこれらは全部、100円で買ったものです。
同じ100円でもこれだけ差がつくんだから、
すごいねぇ。
[PR]
by chihosh | 2009-07-07 01:33 | Usability
服の悩み。
どうでもいい話ですが、
(それ言うとこのブログ自体がどうでもいい話ばかりですが)
最近毎週3回お客様との定例会があって、着る服が無くて困ってます。
しかも3回とも違うお客様ならまだしも、全部同じお客様。
別に私の服装なんざ見ちゃいないと思いますが、
かぶるのは避けたい…。
でもさすがに毎週3回、別のきちんとした服を着るのってしんどい…。
ただでさえ仕事で考えることが山積みなのに、服にまで気を遣う余裕がねぇ…!

しかもこれから夏だし、ストッキング履き続けると思うとブルー。。
あの存在自体が許せない。考えたの誰だ?なんであんな不快なもの作るかな?!
まず家帰って何するかって言ったら、とにかく速攻ストッキング脱ぐ。
脱いだ瞬間のあの爽快感と言ったら…スキー靴履いてて脱いだ瞬間ぐらい爽快。
(例えがわかりずらい?)
まぁ、スーツで営業まわりしてる男の人に比べたらマシかもしれないけど。。
ユニクロのさらさらインナーでしのぐしかないのか…?

毎日きちんとした服を着てる人、どういうワードローブで乗り切ってるのか教えてほしい。。

More
[PR]
by chihosh | 2009-07-05 22:23 | Material
「札幌より愛を込めて」
anccoとmycooから「札幌より愛を込めて」と題した贈り物が届きました。
なんと保冷剤付きのお弁当箱…!

03

なんでも私のブログを見て
「GEL-COOLの認知度はまだまだだ!!送ってあげないと!」
ということで、ちょっと早めの誕生日プレゼントも兼ねて今回贈ってくれたそう。
札幌発のブランドだよ!
パッケージとかパンフはmycooが作ってるんだよ!

保冷剤一体型ランチボックス「GEL-COOL」

マジすげー!感動!!
ちょーうれしい…!!!!!!

パッケージから含めてデザインできるって超うらやましい!
そのうえ直球ど真ん中のサプライズだし…
なんていい友を持ったんだ…(T T)

ありがとうありがとうありがとう。

さっそく「GEL-COOま」でお弁当作ってるよ!
このクマの顔が付いてるやつは円山動物園バージョンなのらしい。
フタを冷凍庫で6時間冷やしておくだけなのでラクちんだし
お昼になってもまだ冷え冷えなの。これで食中毒の危機は解消される…!
しかも会社でこのフタを見ると超癒される…
超便利。毎日使う!

01

02

ちなみにランチボックス以外にもいろいろおまけがついてました。
札幌のスープカレーとか、お菓子とか。
ランチボックスの中にまで入ってるしw
芸が細かいw
帯ちゃん広ちゃんは笑った。

04

ホエー豚のスープカレーも作って食べた〜。
なんかほっこりする味だったよ。泣けるおいしさだったよ。

05

ほんとにありがとね。
私は幸せものだなぁぁぁ。
[PR]
by chihosh | 2009-07-05 01:17 | Daily life
自分を励ます言葉メモ

できる人の習慣

ジム・ドノヴァン / ディスカヴァー・トゥエンティワン



「人生の中で最も大切なのは楽しむこと。
自分に優しくする。
完璧である必要はない。
心配せず、気楽な気持ちで人生を送る。
情熱を持って生きる。
人生にわくわくする。
自分の世界を十分に体験する。
人生という旅で出会える人たちに親切にする。
とりわけ自分には。」


だいぶ昔に帰省したときに姉からもらった本です。
いわゆる自己啓発本です。
「げげっ…こんなの読まねーよ」と思って放置してたんだけど、
最近読んでみたら、あとがきに書いてあったこの言葉に
「そうか…」としみじみさせられてしまいました。
本章のハウツーとかは当たり前のことが書いてあってあんまりなんだけど。

姉とはほぼ絶縁状態なんだけど、思えば転機になった言葉をくれたのは姉でした。

高校受験のとき、美術に強い女子校に行くか、札幌市立高等専門学校という
創立したてのアートの5年制の学校に行くかで悩んでいたときがあったのです。
女子校のほうはデッサンと面接の試験はクリアしていて、専願にすれば入学できる、
という保証付きでした。しかしどうしても高専が気になる。受けてみたい。
けど受けると女子校のほうの専願が無くなってしまう…
しかも高専は倍率5倍(6倍だっけ?)で、偏差値が高い人限定。
学校の先生にも「あなたの偏差値だととうてい無理だからやめておいたほうがいい」
と言われてました。(先生は現実的だ。)

中学生ながらに必死に悩んでいたとき、
姉が一言「やってみればいいじゃん(※)」と言ったんです。

それで決心がつきました。やってみればいいんだ…
よし、やってみよう!
そして運良く高専に合格し、その5年間で学んだことや経験したことが、
今の自分を作っているといっても過言ではないほど、貴重な経験ができました。

入学していきなりMac(あの頃はMacDrawだった)使ったり、
木を使ったソリのデザインをして木工室でツナギ着ながら組み立ててみんなで雪滑りしたり、
環境デザインの授業で公園をデザインして模型作ってみたり、
建築の授業で図面引いて青焼きしたり、
工芸の授業で指輪やスプーンをデザインしてハンダゴテで作ったり、
情報処理の授業でBasic使って絵を描いてみたり(これだけはほんと苦手で追試だった)、
シルクスクリーンしたり、暗室で紙焼きしたり、環境アートやってみたり、
今思うとほんといろんなことができた最高の環境でした。

思えば上京するときも、正社員じゃなく派遣社員を経験してみたいと思ったときも、
フリーランスでやってみたいと思ったときも、姉の「やってみればいいじゃん」が
根底にあるような気がします。
考えるよりも行動するのみ!
考えすぎる性格なのでね。。

最近ほんと忙しくてtwitterするヒマもGmail見るヒマもはてブのホッテントリ見るヒマもないんだけど、
忙しさに追われて心が無くなったアウトプットを出すことがないよう、
自分に言い聞かせてます。

楽しめ!自分。

追記:(※)「やってみればいいじゃん」は正確には「やってみればいいしょ」です。
[PR]
by chihosh | 2009-07-02 01:15 | Book